SE フリーランス ブログ

【受験対策】AWS認定ソリューションアーキテクト受かるための勉強方法(アソシエイト)

 

悩んでいる人
スキルアップのために、AWSの資格を取りたい。合格した人の勉強方法を教えてほしい。

 

こんな声にお答えします。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、SE歴8年、ITコンサルタント歴3年。
2018年にフリーランスに転身。
現在は、Web・アプリの開発やITコンサルタントとして月250万円以上を稼ぎながら暮らしています。

 

ここ数年で、AWSを使っている現場がものすごく増えました。

GCPやAzureといったクラウドサービスもありますが、AWSのシェアが圧倒的に多いです。

 

僕は、2018年にフリーランスになったのですが、当時は生活していけるか、不安な気持ちでいっぱいでした。

何かしなければという思いで、資格を取ろうと考え、AWSのソリューションアーキテクト アソシエイトの勉強を始めました。

 

AWS経験

  • 個人アカウントでの学習: 2年
  • Webアプリ開発:1年

 

結果から申し上げると、1ヶ月ほどの勉強で合格することができました。

基本的な知識があれば、時間をかけずに受かると思います。

参考までに、AWS ソリューションアーキテクト アソシエイトの試験概要と、僕が合格するために行った勉強方法を紹介します。

 


AWS認定資格とは

Amazon認定のAWS(Amazon Web Services)の資格です。

AWSは、サーバー、ストレージ、データベース、ネットワークといった200近いサービスをクラウド上で提供しています。

 

レベル

専門知識(6分野)はレベルがありませんが、それ以外の資格は3種類のレベルに分類されます。

簡単なほうから、基礎コース、アソシエイト、プロフェッショナルです。

詳しくは以下の図を参考にしてください。

この記事では、ソリューションアーキテクトのアソシエイトについて解説していきます。

個人的には、基礎コースは低すぎるので、アソシエイトレベルから受験することをおすすめします。

 

資格バージョン

定期的にバージョンがアップされます。

僕が受験した2018年は、SAA-C01でした。

2020年3月から、SAA-C02にバージョンが変わっています。

 

有効期限

AWSの資格には有効期限があります。

AWS 認定は 3 年間有効です。AWS 認定を維持するため、定期的な再認定プロセスにより、引き続き専門性を有しておられることを実証していただきます。再認定によって、お持ちの AWS 認定の全体的な価値が高まり、認定において最新の AWS についての知識、スキル、およびベストプラクティスがカバーされていることを個人や雇用主に対して実証できます。

参考:AWS再認定

取得してから、3年以内にもう一度受験し、合格しないと資格が無効になります。

ただし、基礎コースとアソシエイトの場合は、上のレベルの資格に受かれば、それでもOKです。

 

AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト 試験概要

詳細はこちらをご確認ください。

試験概要

試験名 AWS Certified Solutions Architect - Associate
試験番号 SAA-C02(2020年3月~)
(僕が受験したのは、SAA-C01です)
受験料(税抜) 15,000円
模擬試験料(税抜) 2,000円(受験は自由)
出題形式 選択問題
試験時間 130分
出題数 65問
合格ライン 720点(全問正解 1000点)
前提条件 特になし

 

申込方法

試験の申込には、ピアソンVUEアカウントと、AWSアカウントが必要になります。

詳しい申込方法は、公式サイトをご確認ください。

試験の日にちや時間は、試験場所の席が空いていれば、平日土日いつでも受験することができます。

 

合格した勉強方法教えます

僕は、この本と模擬試験で勉強しました。

この本を選んだ理由は、当時、ソリューションアーキテクトの試験対策本がこれしかなかったからです。

今ならこちらの本がおすすめです。

他の方の合格者ブログを見ても、こちらの本で勉強して合格した方がたくさんいます。

 

計画を立てる

Amazonから本が届いて最初に学習計画を立てました。

仕事もそうですが、計画を立てて進めることは大事です。

本をペラペラめくり、今の自分がどれだけ解けるか、簡単に確認しました。

僕の場合は、解けそうな問題が多かったので、30日後に試験を受けることに決めました。

試験日は、個人のスキルに合わせて決めてください。

 

勉強を開始する

まず、1日何ページずつ進めていくか、受験日から逆算して決めます。

本の問題を解きながら、間違ったところを重点的に覚えます。

分からないところは、実際にAWSを動かしてみましょう。

徐々に理解できるようになります。

 

模擬試験

試験の申込と同じ要領で、ピアソンVUEアから模擬試験を申し込めます。(2000円)

詳しい申込方法は、公式サイトをご確認ください。

模擬試験は、オンラインで自分のパソコンから、いつでも受けることができます。

本番と同じ画面を操作するため、一度受験して、慣れておくといいです。

模擬試験の結果から、苦手分野が分かるので、試験当日まで重点的に勉強しましょう。

 

試験当日

用意されたパソコンで、選択形式の問題を解いていきます。

130分の試験時間でしたが、僕は100分ほどで解き終えることができました。

 

試験結果

合格

無事に一発で合格することができました。

 

合格するといいことあるの?

会社での評価が上がります。

IT系の会社であれば、資格を取得したことを伝えれば評価は上がると思います。

周りの見る目も変わるでしょう。

 

AWS認定者ラウンジが使用できる。

AWS Summitで、認定者専用ラウンジに入ることができます。

テーブル、椅子、電源、Wifi、飲み物が用意された部屋でつくろげ、さらにノベルティまでもらうことができます。

ちょっとした高揚感も得られます。

 

AWSの試験に割引が適用されます。

AWSの試験に合格すると、特典がもらえます。

具体的には、次回AWSの試験を受ける際、模擬試験が無料になり、さらに受験料が50%OFFになります。

僕はこれを利用して、デベロッパ アソシエトの試験を受けました。

受験料が高いので、50%OFFは非常に大きいです。

 

名刺にバッジを印刷できます。

下のようなバッジを名刺に印刷することができます。

もちろん、合格者だけが、Amazonから許可されています。

 

おまけ

2020年5月27日から、全てのAWS認定試験がオンラインで受験可能になりました。

詳しくは、こちらをご確認ください。

ズルができないよう、いろいろと制約があるみたいです。

 

最後に、AWSが使えると仕事の幅がかなり広がります。

会社員でも、フリーランスでも知っておくと役に立ちます。

AWSの資格を目指している方、ぜひ頑張ってください!

 



-SE, フリーランス, ブログ

© 2021 もくもくブログ Powered by AFFINGER5