フリーランス ブログ

フリーランスエンジニアに必要なスキル【すべてを身につける必要なし】

 

悩んでいる人
フリーランスエンジニアには、どういったスキルが必要なんだろう。

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、SE歴8年、ITコンサルタント歴3年。
2018年にフリーランスに転身。
現在は、Web・アプリの開発やITコンサルタントとして月250万円以上を稼ぎながら暮らしています。

 

この記事では、フリーランスの経験をもとに、必要なスキルを紹介します。

 

先に答えを言いますが、すべてのスキルを身につける必要はないです。

あるに越したことはないですが、スキルによっては無くても対処できる方法があります。

その方法も一緒に説明します。

 

僕が、フリーランスエンジニアに必要だと思うスキルは、こちらです。

  • ITスキル
  • 営業力、交渉力
  • 自己管理能力
  • 金銭管理能力

それぞれ解説していきます。

 


ITスキル

必要レベル:☆☆☆

 

フリーランスエンジニアは、ITスキルで商売しているので、このスキルは絶対に必要です。

最も重要なのは、基礎知識です。

基礎をきちんと理解していれば、応用がききます。

Web系エンジニアであれば、Web知識、プログラミング言語、OS、DB、クラウドサービスは確実におさえておきましょう。

また、流行りの技術がどういうものか、メリット、デメリットを理解しておくのも大事です。

おすすめの本を参考までに。

【厳選7冊】Web系エンジニアが読むべき本【この本で3000万稼げるようになりました】

続きを見る

【超厳選】Javaプログラマーにおすすめの本5冊【初心者向け】

続きを見る

 

効率的に勉強したい方は、プログラミングスクールがおすすめです。

【無料で始める】現役エンジニアおすすめプログラミングスクール3校

続きを見る

 

お客さんに、自分のITスキルを伝えるとき、理解してもらいやすいのが以下の項目です。

  • 実務経験
  • 資格
  • ポートフォリオ

 

資格は、マイナーな資格ではなく、よく知られている資格を取るようにしましょう。

参考までに、評価されやすい資格を書いておきます。

  • IPA情報処理技術者資格
  • AWS認定資格
  • Google Cloud認定資格
  • LPIC認定資格
  • シスコ認定資格
  • Oracle認定資格(Oracle, Java)

 

以前、Javaの資格の勉強方法を記事にしました。

【受験対策】Oracle認定 Java 11 Silver 受かるための勉強方法

続きを見る

 

営業力、交渉力

必要レベル:☆

 

仕事を獲得する営業力、交渉力のスキルです。

エージェント経由にすれば、お客さんへの営業力、交渉力は必要ありません。

ただし、エージェントの場合、仲介手数料が取られます。

お金のことを気にするなら、スキルを身につけて自分で動いた方が得です。

現実問題、ツテがなければ、エージェントにお願いすることが多いのかなと思います。

エージェントは、自分で営業しても取れない高額案件を持っていたりするので、営業が苦手な方は、割り切ってエージェントにお願いするのもありでしょう。

希望する案件を紹介してくれたり、スキルシート作成のアドバイスをくれたり、営業以外のメリットもあります。

 

僕はエージェントにお願いした経験がないのですが、雑食系エンジニアで有名な勝又健太さんのTwitterを見て、実績のあるレバテックフリーランスさんが良さそうだなと最近、思っています。

 

自己管理能力

必要レベル:☆☆

 

フリーランスは自由であるがゆえ、自分で仕事を管理しなければなりません。

いくつもの案件をかかえている場合は、自分のスケジュールとタスクをしっかり管理する必要があります。

逆に、準委任契約の週5案件だけの場合は、会社員と同じような働き方になるため、スケジュールはほとんど気にしなくてよいでしょう。

僕は、複数の長期案件をこなしながら、クラウドソージングで単発の仕事を受けたり、自分のサービスを提供しているお客さんとの打ち合わせがあったりするので、日頃から、スケジュールとタスクはすごい気にしています。

僕の場合は、Backlogを活用して、スケジュールに無理がないように、タスクを管理しています。

最近は、プロジェクト管理ツールがいろいろ出ているので、うまく使えば自己管理に苦労することは、そんなにないかもしれません。

 

金銭管理能力

必要レベル:☆

 

フリーランスは確定申告があるので、自身の収支を管理しなければなりません。

確定申告は、税理士さんに依頼すれば、代わりにやってくれます。

確定申告は、とても面倒で複雑です。

エンジニアは物を売っているわけではないので、比較的書類は少ないと思いますが、それでも手間がかかります。

ある程度稼いでいるのであれば、お金はかかりますが、税理士さんに依頼することをおすすめします。

仕訳までお願いすると高くなるので、仕訳はマネーフォワードなどの会計ソフトを使って自分でやった方がいいと思います。

僕は、簿記の資格を持っていたので、フリーランス1年目は自分で確定申告をしました。

ただ、分からないことが多くて、ググったりしていると、それなりに時間もかかり、本業の時間がだいぶ削られました。

これは本末転倒だと思い、翌年から税理士さんにお願いするようにしました。

確定申告以外にも、手続きで分からないことが聞けたり、節税の相談にのってもらえたり、税理士さんにお願いするメリットはあります。

 

まとめ

フリーランスエンジニアに必要なスキルはいくつかありますが、外部にお願いできるものもあります。

上手く使って、本業に集中できるようにしましょう。



-フリーランス, ブログ

© 2021 もくもくブログ Powered by AFFINGER5