ブログ プログラミング

【超簡単】JavaでLINE Messaging APIを動かす【プログラム公開中】

LINE BOOT AWARDS 2018で賞を頂いてから、LINE BOT サービスを運用しています。

最近は無料サービスも増え、お金をかけずにLINE BOTを作ることができます。

本記事では、LINE BOTの構築手順(Java)を紹介します。

 


構築環境

以下の環境構築をゴールとします。

 

デプロイ用ソースコード

GitHubに「LINE Messaging API SDK」を実装したJavatのサンプルソースを公開しています。

こちらのソースコードを、Herokuにデプロイします。

ご自身のGitHubに保存してください。

 

LINEチャネル作成

チャネルは、簡単に言うとLINEとの通信路のことです。

LINEとAPI連携するためには、チャネルを作成する必要があります。

ここでは、チャネルの作成手順を説明します。

 

LINE Developersにログイン

LINE Developersにアクセスします。

Top画面:画面右上の「ログイン」をクリック

ログイン画面:「LINEアカウントでログイン」をクリック

ご自身のLINEアカウントでログインしてください。

 

チャネルの作成

ログイン後、以下の手順でチャネルを作成します。

  1. 開発者の登録
  2. プロバイダーの作成
    プロバイダーは、アプリを提供する組織のことです。プロバイダー名には、ご自身の名前や企業名を入力してください。
  3. チャネルの作成
    チャネルタイプは、Message APIを選んでください。

以上でチャネルの作成は完了です。

 

LINE公式アカウント登録

次に、LINE公式アカウントの登録を行います。

 

LINE for Businessにログイン

LINE for Businessにアクセスします。

Top画面:画面右上の「アカウントの開設 (無料)」をクリック

アカウント開設画面:「LINE公式アカウントの開設 (無料)」をクリック

LINE公式アカウント開設画面:「未認証アカウントを開設する」をクリック

 

注意ポイント

今回は審査不要の未承認アカウントを作成しますが、サービス化するときは認証アカウントを使用してください。以下の違いがあります。

  • 認証アカウント - LINE社の審査を通過する必要がある。LINEアプリ内での検索結果に表示される。
  • 未認証アカウント - 個人・法人問わず審査なしで誰でも作成できるアカウント。

ログイン画面:「LINEアカウントでログイン」をクリック

ご自身のLINEアカウントでログインしてください。

 

LINE公式アカウント登録

ログイン後、LINE公式アカウント作成画面が表示されます。

LINE公式アカウント作成画面:必須項目を入力

LINE公式アカウントが作成されました。

以上でLINE公式アカウントの登録は完了です。

 

Herokuアプリ作成

HerokuはクラウドベースのPaaSです。

簡単に無料でWebアプリケーションを公開することができます(無料版は機能の制限あり)。

では、Herokuのアプリを作成していきます。

 

アカウント登録

アカウントをお持ちでない方は、ここから登録を行ってください。

 

アプリ作成

Herokuにログインします。

ログインしたら、右上の「New」をクリックし、「Create new app」を選びます。

App nameを入力し、アプリを作成してください。

 

注意ポイント

App nameはユニークである必要があります。
既に他の人が登録している場合は「 is not available」が表示されるので、別の名前にしてください。

以上で、Herokuのアプリ作成まで完了しました。

続いてHerokuの設定です。

 

Herokuの設定

作成したHerokuアプリに設定を加えていきます。

 

自動デプロイの設定

Herokuは、GitHubからの自動デプロイが簡単に設定できます。

まず、デプロイするGitHubのリポジトリを選択します。

③はソースコードを保存した、ご自身のGitHubを選択してください。

 

次に、ブランチを選んで「Enable Automatic Deploys」をクリックします。

以上で設定完了です。

GitHubにプッシュすると自動デプロイされます。

 

手動デプロイ

自動デプロイの設定は終わりましたが、GitHubが更新されないとデプロイはされません。

初回だけは、手動でデプロイを行います。

と言っても「Deploy Branch」をクリックするだけです。

 

手動デプロイの結果は、以下の画面で確認することができます。

ビルドに成功し、デプロイされているのが分かります。

 

環境変数の設定

 

LINEとのAPI連携で必要なチャネル情報を環境変数に設定します。

 
チャネル情報取得

LINE公式アカウント管理画面にログインします。

アカウントリストから、作成したLINE公式アカウントを選んでください。

「Messaging APIを利用する」をクリックします。

 

作成したプロバイダーを選択し、「同意する」を押します。

Messaging APIが利用できるようになりました。

 

次に、LINE Developersにアクセスして、プロバイダーのチャネル設定から、LINE公式アカウントをクリックします。

 

表示されたLINE公式アカウント画面から、次の2項目(チャネル情報)をコピーしてください。この後、Herokuの環境変数に登録します。

チャネル基本設定:チャネルシークレット
Messaging API設定:チャネルアクセストークン
※表示されない場合は発行ボタンを押す

 
Heroku環境変数

Herokuに戻って「Reveal Config Vars」をクリックします。

 

環境変数を設定します。

CHANNEL_SECRET:チャネルシークレット
CHANNEL_ACCESS_TOKEN:チャネルアクセストークン

以上で環境変数の設定は完了です。

 

Webhookの設定

最後に、LINEメッセージの送信先(HerokuのURL)をWebhookに設定します。

 

LINE公式アカウント管理画面の応答設定を変更します。

 

LINE Developersにアクセスして、Webhookを設定します。

プロバイダーのチャネル設定から、LINE公式アカウントを選んでください。

Messaging API設定 > Webhook設定

「編集」からWebhook URLを入力、Webhookの利用をONにします。

 

Webhook URLは、Herokuの Settings > DomainsのURLに「/callback」を付加したものになります。

例えば、上図の赤枠が「https://xxxx.herokuapp.com」だった場合、Webhook URLは「https://xxxx.herokuapp.com/callback」となります。

 

LINEで動作確認

スマホで動作を確認してみましょう。

LINEに、QRコードを読み込んで友だち追加をします。

QRコードは、LINE公式アカウント管理画面の ホーム > 友だち追加 から確認することができます。

友だち追加が終わったら、なんでもいいので文字を送信してください。

「テスト」という文字が返ってきたら成功です。

 

まとめ

Herokuを使って、無料で簡単にLINE BOTサービスを構築することができました

ここまでできれば、あとはJavaの世界です。

メッセージ返信部分を自由にカスタマイズして、ご自身のサービスを作ってみてください。

 

LINE BOT開発参考ドキュメント

 



-ブログ, プログラミング

© 2021 もくもくブログ Powered by AFFINGER5