ブログ プログラミング

【受験対策】Oracle認定 Java 11 Silver 受かるための勉強方法

 

悩んでいる人
スキルアップのために、Javaの資格を取りたい。合格した人の勉強方法を教えてほしい。

 

こんな声にお答えします。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、プログラミング歴15年ほど。
Oracle認定 Java 11 Silver 資格保有者です。
現在は、フリーランスとして月250万円以上を稼ぎながら暮らしています。

Javaの経験
・ 大学講義:3ヶ月
・ 新入社員研修:3ヶ月
・ Webアプリ開発:3年

 

Oracle認定の世界共通試験というだけあっって、Javaの基礎習得におすすめの資格です。

受験料が高めですが、転職やフリーランスになったとき、非常に役に立ちます。

Silverは勉強すれば、初心者でも合格できる資格です。

是非チャレンジしてみてください。

 

この記事では、Java SE 11 Silverの試験概要と、僕が合格するために行った勉強方法をまとめました。

みなさんの参考になれば幸いです。

 


Oracle認定Java資格とは

Oracleが主催するJavaの認定資格です。

国内外問わず、Java関連の資格で最も人気があります。

 

グレード

簡単なほうから、Bronze、Silver、Goldの3つが用意されています。

この記事では、Silverについて解説していきます。

 

バージョン

Javaのバージョンは9以降、半年ごとにバージョンアップされるようになりました。

Oracleでは、長期間サポート付きのLTS(Long Term Support)版を、3年に1度リリースしています。

※LTS版は下図のJDK11、JDK17。

資格のバージョンも、LTSと同じバージョンで上がっていくことが予想されます。

最新は11ですので、試験を受ける際は、11を受けるようにしてください。

 

Java 11 Silver 試験概要

Javaの仕様をきちんと理解できているかが問われます。

基本文法、オブジェクト指向、モジュールシステムなどが出題されます。

試験概要

試験名 Java SE 11 Programmer I
試験番号 1Z0-815
受験料(税抜) 26,600円
出題形式 選択問題
試験時間 180分
出題数 80問
合格ライン 63%
前提条件 特になし

 

申込方法

試験の申込には、ピアソンVUEアカウントと、Oracleアカウントが必要になります。

詳しい申込方法は、公式サイトをご確認ください。

試験の日にちや時間は、試験場所の席が空いていれば、平日土日いつでも受験することができます。

 

Bronzeは受けるべき?

受験料もかかりますし、正直言って受ける必要はないです。

Bronzeに合格していなくても、Silverを受けることができます。

Silverは世界共通の資格ですが、Bronzeは日本特有の資格です。

履歴書に書いても、あまり評価はされません。

迷わず、Silverから受験しましょう。
 
 

合格した勉強方法教えます

 

いくつか参考書や問題集が出ていますが、僕はこの参考書だけで勉強しました。

選んだ理由は、試験の合格者ブログを見て、おすすめしている方が多かったからです。

合格者の声は貴重ですので、他の方のブログも見てみるといいでしょう。

 

計画を立てる

Amazonから本が届いて最初に学習計画を立てました。

仕事もそうですが、計画を立てて進めることは大事です。

本をペラペラめくり、今の自分がどれだけ解けるか、簡単に確認しました。

僕の場合は、解けそうな問題が多かったので、20日後に試験を受けることに決めました。

試験日は、個人のスキルや忙しさに合わせて、無理のない日にしましょう。

 

勉強を開始する

参考書は、8章 + 模擬試験(2回分) の構成になっています。

20日後を試験日としたので、2日で1章ペースで読み進めていきました。

一通り終わったら、復習をして、模擬試験(2回分)を2日で消化しました。

分からないところは、実際にプログラミングを書いてみるといいです。

徐々に理解できるようになります。

試験前日は、模擬試験の間違った箇所を解き直して、試験に臨みました。

 

試験当日

用意されたパソコンで、選択形式の問題を解いていきます。

180分の試験時間でしたが、僕は70分ほどで解き終えることができました。

参考書と同じ問題がいくつか出題されたのは、ラッキーでした。

個人的な感覚ですが、開発経験が1年あれば、参考書で2週間ほど勉強すれば受かると思います。

また、初心者の方でも、参考書でしっかり学習すれば合格できると思います。

 

試験結果

結果

正解率 87%

合格証

 

合格するといいことあるの?

会社での評価が上がります。

IT系の会社であれば、資格を取得したことを伝えれば評価は上がると思います。

また、周りの見る目も変わると思います。

 

名刺にバッジを印刷できます。

下のようなバッジを名刺に印刷することができます。

もちろん、合格者だけが、Oracleから許可されたものです。

 
 
Javaの資格を目指している方、頑張ってください!

 



-ブログ, プログラミング

© 2021 もくもくブログ Powered by AFFINGER5