放送作家

放送作家の収入を大公開!副業で月10万!YouTubeでも活躍できる!

 

悩んでいる人
放送作家の収入ってどれぐらい?副業にすることはできるの?

 

こんな疑問にお答えします。

 
本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、過去に3年ほど、放送作家を経験。
現在は、Web・アプリの開発やITコンサルタントとして月250万円以上を稼ぎながら暮らしています。

 

本記事では、気になる放送作家のお金の事情についてお話しします。

放送作家の収入はどれぐらいか、サラリーマンの副業にできるか、解説していきます!

 


放送作家の収入

 

放送作家の収入は、テレビやラジオ 1本ごとにギャラが支払われることが多いです。

たまに、月にいくらというのもあります。

 

1本あたりのギャラは、作家のキャリアや番組(局/時間帯/スポンサー)によって変わります。

僕の経験上、平均するとこのぐらいでしょうか?

  • テレビ 1本:5 ~ 10 万円(若手:1~3 万円)
  • ラジオ 1本:1 ~ 5 万円(若手:0.5~2 万円)

若手の収入は激安です。最初は本当につらいです。

逆に売れっ子作家になれば、年収1,000万も夢ではありませんが、かなり狭き門となっています。

 

僕が所属していた放送作家事務所の先輩は、朝の情報番組で週2回台本を書いていました。月の収入はこんな感じです。

  • 10万円 × 8回(2回 × 4週)= 80万円

事務所に在籍している場合は、ここからマージンが引かれますが、十分に暮らしていける額と言っていいでしょう。

 

放送作家の収入は、以下のようになります。

放送作家の収入 = ギャラ単価 × 番組本数

 

番組が多ければ多いほど収入は増えますが、番組が終われば収入も減ります。

夢はありますが、その分リスクも高い職業です。

 

放送作家だけで生活できる?

 

若手はギャラが低いので、アルバイトを掛け持ちしている人が多いです。

僕も放送作家だった3年間、ずっとアルバイトをしていました。

僕の場合は、ラジオをメインに活動していたため単価が安く、稼ぐことが難しかったです。

また、いつ番組が終わるか分からないので、恐くてアルバイトを辞められなかったのもあります。

 

実際の月の収入です。

  • ラジオ (ミュージシャン冠番組) 1.5万円× 4本
  • ラジオ (情報番組) 1.5万円 x 4本
  • ラジオ (アイドル冠番組) 1万円 月固定
  • ラジオ (情報番組) 7万円 月固定
  • テレビ (バラエティ番組) 3万円 × 1本

結構働いていますが、そんなにお金になっていません。

 

駆け出しの頃は、放送作家の収入だけで食べていくのは難しく、アルバイトをせざるを得ないのが現状です。

アルバイトをするなら同じ業界にすることを、おすすめします。

僕は、テレビ局でテロップ制作のアルバイトをしていました。

その繋がりでテレビの仕事をいくつかもらえました。

放送作家は、人脈が大事な職業です。

業界は狭いので、顔を売っておくに越したことはないです。

 

放送作家の仕事を副業にできる?

 

台本を書くだけであれば、副業にできます。

僕は、放送作家を辞めた後、サラリーマンになりましたが、引き継げない番組があったため、1年間副業をしていました。

収入は、月10万円。

副業としてはなかなかいい金額だと思います。

作業時間は、月10時間ぐらい。

毎週、簡単な電話取材をして、それを元に台本に起こし、メールで送って終了という感じでした。

家で作業できるので、サラリーマンの副業には向いていると思います。

ただし、ツテと経験がないと仕事を探すのは難しいかもしれません。

 

最近は、YouTubeの放送作家という仕事もあります。

YouTubeの出演者とSNSなどで連絡を取り、交渉することで副業にできるかもしれません。

YouTubeの場合は、自分でチャンネルを作れるので、出演者を見つけてきて、自分で始めるのもありだと思います。

 

まとめ

売れっ子作家になれば、年収1,000万も夢ではありません。

ただし、最初はアルバイトを掛け持ちしないと、生活していけないのが現状です。

アルバイトをするなら、放送業界で働いて顔を売っておくのがいいでしょう。

 

サラリーマンの副業としては、台本を書くだけなら家で作業ができるので向いていますが、ツテと経験がないと仕事は見つけにくいと思います。

文字を書くのが好きな方は、放送作家よりライディングの方が案件が多いので、そちらで副業を探すのもいいでしょう。

 

最近は、YouTubeの放送作家という人もいます。

誰でもできるの本業としても、副業としても、始めやすいです。

今のうちに、YouTubeに詳しくなっておくと、大きな武器になるかもしれません。

 



-放送作家

© 2021 もくもくブログ Powered by AFFINGER5