SE ブログ 副業

【土日OK】SE(システムエンジニア)在宅副業4選【裏ワザあり】

 

悩んでいる人
「働き方改革」と言われいるけど、どうやって副業を始めたらいいか分からない。SEのスキルを生かして、土日に在宅で仕事がしたい。

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、SE歴8年、ITコンサルタント歴3年。
2018年にフリーランスに転身。
現在は、Web・アプリの開発やITコンサルタントとして月250万円以上を稼ぎながら暮らしています。

 

SEの副業に関してこんなデータがあります。

IT業界では、4割の人が副業に関心を持っているものの、実際に始めている人は1割程度。

1割...。10人に1人って意外に多いと思いませんか?

 

口に出さないだけで、行動力のある人は既に副業を始めています。

SEのスキルがあれば、土日に家でできる仕事がたくさんあります。

身に付けたスキルを生かして、副業に挑戦してみましょう。

 

この記事では、土日に稼げるSEの在宅副業について、解説していきます。

副業がすぐにできない方(会社から副業を禁止されている、スキルに不安がある)向けの裏ワザも、後ほど、ご紹介します。

 


土日に稼げる在宅副業4選

4つの副業を紹介します。

  • クラウドソーシング
  • プログラミング講師(オンライン)
  • ブログ運営
  • 個人アプリ開発

 

クラウドソーシング

在宅で副業している人が、どこから仕事を獲得しているか知っていますか?

知り合いの仕事という人もいますが、クラウドソーシングの案件で働いている人が多いです。

 

クラウドソーシングは、発注者がウェブサイトで受注者を公募し、仕事を発注するサービスです。

仕事を受けたい人は、案件の中から自分のスキルに合った仕事を探して、応募することができます。

 

報酬は、時間報酬と固定報酬があります。

時間報酬
簡単に言うと時給です。成果に関係なく、働いた時間分、報酬がもらえます。

固定報酬
契約時に合意した金額がもらえます。ただし、依頼された成果物の納品が条件です。納品できなかった場合は、報酬0円となります。

 

IT系の案件の場合、時間報酬は、時給4,000円台が相場と言われています。

固定報酬は、案件によりけりです。

土日在宅で働くとなると、どうしても固定報酬の案件が多くなってきます。

 

余談ですが、僕はフリーランスということもあり、クラウドソーシングでデザインを発注したことがあります。

公募ではなく、クラウドソーシングに登録されている人の中から、お願いしたい人を探しました。

納期と報酬は、直接交渉。素敵なデザインを納品して頂きました。

デザインを発注するときは、また同じ人にお願いしたいと思っています。

 
クラウドソーシングに登録しておけば、直接仕事の依頼がくることもあります。

評価されれば、次の案件をもらえることもあります。

 

固定のお客さんが増えれば、将来フリーランスになることも可能です。

興味のある方は、自分にできる仕事があるか、案件を確認してみましょう。

 

プログラミング講師(オンライン)

プログラミング講師は、自分のPCからビデオチャットを使って、生徒さんにプログラミングを指導する仕事です。

1回30分程度のマンツーマン形式が多いです。

 

周りに迷惑のかからない静かな場所であれば、どこでも働くことができます。

チャットサービスを提供しているスクールでは、Slackで質問に回答するという仕事もあるそうです。

応募方法は簡単。プログラミングスクールの募集ページから申し込むだけです。

スクールによって、スキルチェックや面接があります。

 

2年前、僕も講師に応募しました。スキルチェック、オンライン面接を通過し、採用の連絡を頂きましたが、仕事が忙しくなり、あえなく断念しました。

面接のとき、「プログラミングを教えたことがないけど、大丈夫か?」と質問をしたところ、カリキュラムも用意されているし、初めての方をサポートする体勢も整っていると回答を頂きました。

初めてでも、安心して働ける環境のようです。

 

プログラミング講師は、知識があれば、始められる仕事です。

プログラミングスクールがどんな感じか知りたい方は、一度無料レッスンを受けてみるといいと思います。

授業を受けてみて、自分でもできそうだと思ったら、講師に応募してみてください。

 

ブログ運営

ブログ運営は、ブログサイトを運営し、広告収入で稼ぐ方法です。

いつでもどこでも自由に作業ができますが、お金を稼ぐまで時間がかかります。

 

理由は、ある程度アクセス数がないと、広告収入を得ることができないからです。

アクセス数を伸ばすには、記事が、検索エンジンの上位に表示されなければなりません。

ブログで稼ぎたい人は、文章力と、 検索順位を上げるためのSEO知識が求められます。

 

ブログ運営は、費用がかかります。

無料ブログを利用すれば0円ですが、広告掲載に制限があったり、SEO対策が弱かったり、副業として稼ぎたい人には向いていません。

SEであれば、ドメインを取得し、レンタルサーバーにWordPressをインストールして、運営することをおすすめします。

 

稼げるようになるまで時間がかかるブログ運営ですが、上質な記事を書き続ければ、1年で月5万円ぐらいは稼げます。

継続すれば月100万円も夢ではありません。興味のある方は、ぜひ挑戦してみてください。

 

個人アプリ開発

個人アプリ開発は、自分でアプリを開発して、課金と広告で収入を得る方法です。

実務でアプリを開発している人には、うってつけの副業です。

ただし、ヒットしないとお金を稼ぐことができません。

ヒットさせるには、多くの人に利用してもらうためのアイデアが重要になります。

 

アプリ開発は、iPhone、Androidどちらも費用がかかります。

iPhoneの場合は「Apple Developer Program」の登録費として、毎年11,800円。

Androidの場合は「Google Play デベロッパー」の登録費として、初回25ドル。

※登録しないと開発できないということではありません。公開時に必要なアカウント登録料です。

 

余談ですが、僕も個人アプリ(iPhone)を開発し、リリースしています。

アプリの開発経験がなかったため、本でイチから勉強しました。

【解説】アプリ開発で始める副業!プログラミングスキルを活かす

続きを見る

 

気になる収益ですが、今は何もしなくても、月1万円ほど稼げています。

課金機能はつけていないため、純粋に広告収入だけです。

アプリ開発のスキルを身につけたい人、ヒットしそうなアイデアを持っている人におすすめです。

 

【2020年版】SE在宅副業まとめ

解説してきた、それぞれの副業をまとめました。

案件受注型 自己発信型
クラウド
ソーシング
プログラミング
講師
ブログ運営 個人アプリ開発
iPhone Android
費用
※1
0円 0円 サーバ+
ドメイン
月1,000円程
Apple登録
年11,800円
Google登録
25ドル
(1回限り)
スキル 案件にマッチするスキル プログラミング知識 SEO
ライディング
Swift
アイデア
Kotlin
アイデア
土日在宅
勤務
案件によっては可能 スクールによっては可能 可能 可能 可能
収入 時給※2
3,000~ 5,000円
時給
2,000~ 3,000円
広告収入
0円~
広告収入+課金
0円~
広告収入+課金
0円~
案件数 多め 少なめ - - -

※1 PCは必須となります。お持ちでない方は、別途費用がかかります。
※2 時間報酬の相場です。固定報酬の場合は、案件によって変わります。

 

副業のメリット

SEが副業をするメリットは、たくさんあります。

  • 収入アップ
  • スキルアップ
  • 経験値アップ
  • 顧客開拓

デメリットは、副業が忙しくなりすぎると、本業に支障をきたす恐れがあるという点です。

本業がおろそかにならないよう、バランスを見て働くようにしましょう。

 

フリーランスへの転身を考えている方へ

クラウドソーシングがおすすめです。

クラウドソーシングは、フリーランス同様、自分1人で契約をして、自分1人で仕事をします。

将来フリーランスへ転身を考えている方は、クラウドソーシングがいい準備になると思います。

いろいろな案件があるので、経験したことのない業界に触れておくといいでしょう。

知らない世界に飛び込んだ経験は、独立後、必ず役に立ちます。

 

副業の注意点

会社員は、副業の所得が20万円を超えると、確定申告が必要になります。

※ 20万円以下であれば、確定申告は不要です。

副業の収入が年間でどのくらいになるか把握するようにしましょう。

 

会社で副業が禁止されている場合は、副業はやめておきましょう。

下手をすると、解雇される恐れもあります。

どうしても稼ぎたい方は、次の裏ワザをおすすめします。

 

【裏ワザ】その他の稼ぎ方

必ず稼げるわけではありませんが、裏ワザとして2つ紹介します。

  • 会社の資格取得奨励制度
  • 賞金コンテスト

 

会社の資格取得奨励制度

会社に制度があれば、資格取得奨励制度は、お金がもらえてスキルアップもできる、一石二鳥の裏ワザです。

転職でも有利になりますし、会社での個人評価も上がると思います。

積極的に取得することをおすすめします。

Javaの資格であれば、こちらの記事を参考にしてみてください。
【受験対策】Oracle認定 Java 11 Silver 受かるための勉強方法

続きを見る

 

賞金コンテスト

賞金コンテストは、IT系のプログラミングコンテストや、アイデアコンテストで稼ぐ裏ワザです。

入賞しないとお金は稼げませんが、スキルアップや実績を残すことができます。

僕は運よく賞金コンテストで入賞し、仕事を得ることができました。ご参考まで。
【実話】個人開発サービスの収益化ストーリー【構成と費用も大公開】

続きを見る

 

まとめ

SEなら、土日を利用して、スキルアップしながら稼ぐことが可能です。

PC1台あれば、どこでも仕事ができる時代です。

どんな仕事があるか見るだけでも、参考になります。

ぜひ、副業を始めてみてください。

 



-SE, ブログ, 副業

© 2021 もくもくブログ Powered by AFFINGER5